なうで紹介

座談会レポート

第二期KUMONママサポータープロジェクト第二回はママサポーター座談会

第二期KUMONママサポーター
卒業パーティー

KUMONとAmebaが行う「KUMONママサポータープロジェクト」。2015年4月に行われた第二期イベントは、ママサポーター卒業パーティーです。

第二期KUMONママサポーター卒業パーティー、開催!

KUMONとAmebaが行う「KUMONママサポータープロジェクト」。2014年秋からスタートした第二期もいよいよ締めくくりの時期を迎えました。そこでAmebaのKUMONママサポータープロジェクト運営局では、第二期KUMONママサポーターの卒業パーティーを開催。恵比寿のおしゃれなカフェに15名のKUMONママサポーターが集合し、楽しくリアルトークを展開しました!サポーター活動を通してすっかり顔なじみのメンバーも多く、会場は和気あいあい。初めてさん同士も積極的に自己紹介しあって、とても和やかな雰囲気です。冒頭には、公文教育研究会の社員さんから挨拶が。「みなさんのリアルな声がとても好評です」との発言に、みんなもやりがいを感じている様子でした。

ママサポーター同士が本音でディスカッション

4つのグループに分かれたママサポーター。自己紹介の後、グループ対抗でKUMONに関するクイズ大会が行われました。「KUMONは何カ国にある?」「KUMONは何歳まで通える?」など、さすがKUMONママサポーター、全員正解という問題も!大接戦を繰り広げました。

クイズで和やかになった後は、グループディスカッション。テーマは「KUMONママサポーターとして人に伝えたいこと」です。KUMONママサポーターとしての活動を通じて、新たに知ったことや感じたことをまずひと言にまとめ、画用紙に書き出してグループ内で発表。それぞれの意見について話し合いました。

KUMON歴の長い先輩ママに、検討中のママや始めたばかりのママが相談する場面もあちこちで見られましたよ。

ママサポーターとして伝えたい!KUMONのここがポイント
座談会で出た全員の意見をご紹介します!

“わかる!がたくさん増えていく”(kazuha0808さん
勉強が大好きなもうすぐ1年生の女の子のママ。「KUMONは、楽しんでやれているようです。毎回わかることが増えていくのがとても嬉しいみたい」

“学ぶたのしみ”(achi1221さん)
1歳半で、Baby Kumonを検討中のママ。自身が公文をやっていて、大学受験のときまで役に立つ基礎学力が身に付いたと実感していることから、子どもにもぜひと考えているのだそう。

“うれしさ、笑顔が増える場所”(size0816xyzさん)
現在2歳のママ。0歳のときからKUMONを始めています。「マンツーマンで教えて頂けているのが有難くて。先生にほめてもらえるのがとても嬉しいみたい。できることが日々増えていく喜びを感じています」

“千里の道も一歩から”(momohuku-mikucinさん)
もうすぐ3歳、現在KUMON歴4カ月のママ。「先生に、18歳になったときに一つの結果が出るから、それまで積み上げていきましょう、と言っていただけて。まだまだ先は長いけれど、親子で頑張りたいと思っています」。

“やればやるほど身に付く計算力・読解力”(yt-rr94diskさん)
現在6年生、KUMON歴7年の男の子のママ。「最初はスラスラ解けていたのに、だんだん難しくなってきて。5年生になったとき、算数に加えて国語も始めたんです。学年をさかのぼってじっくり学習することで読解力が付き、国語だけではなく算数の問題の理解力までアップ。読解力の大事さを実感しました」

“毎日コツコツ”(perry-kuroさん)
2歳の女の子がKUMONの体験学習をやってみたというママ。「私も子どものころKUMONをやっていました。少しずつでも毎日やることで大きな結果につながるところがKUMONの良さだと思います」

“学ぶ習慣を身につける”(Yumi1980さん)
2歳の女の子のママ。「一人で家で勉強する習慣を身につけるのは大変だけれど、KUMONに通ってみんなと一緒にやることで、学ぶ習慣を身に付けることができます」

“読書を通じて、自宅で親子の絆を深めよう”(saori-mishi-miraiさん)
去年「くもんのヒミツがわかる本」を読んで、読書力はすべての学習の基礎になることを知り、親子で読書の時間を増やしているというママ。今日の座談会で先輩ママのお話を聞いて、これを機にKUMONを始めようと考えています。

“K−きびきび、U-うれしそうに、M-まんぞくかん、O-おねえさんに、N-にこにこ”(mitsuki-hさん)
もうすぐ3歳の女の子のママ。KUMON歴は約半年。「KUMONをやっていた夫の勧めもあり、勉強の習慣付けにと始めました。女の子でおしゃまなところがあるから、先生にお姉さん扱いをしてもらえるのも嬉しいみたい」

“壁を越える練習”(luxe888さん)
きょうだい2人でKUMONをやっているママ。「インターナショナルスクールに通っているのですが、どうしても国語が手薄になってしまうので、自分のペースで学習できるKUMONはとても有難いです。続けさせるのも大変だけれど、困難を乗り越えてコツコツ継続する体験は社会人になっても役立つはず」

“継続は力なり”(lara-liriさん)
兄弟でKUMONNに取り組んでいるママ。中学1年生のお兄ちゃんはKUMON歴7年!「やめたいと泣かれたこともあるけれど、そのたび先生と親子で話し合って続けてきました。KUMONで先取り学習ができたおかげで中学校の勉強に余裕が生まれています。続けてて良かった!」

“考える力”(irokotoba2010さん)
読書が好きなことからKUMONを始めた小学5年生の女の子のママ。「わからないと泣くこともありましたが、自分で考えて、問題文には書いていない答えも引き出せるように。一方2歳から始めた次女は、学力が加速度的に伸びてびっくり!KUMONを始めるのは、早ければ早いほどいいんだなと思いましたね」

“勉強を楽しむ力”(yokosiroisiさん)
小学5年生の女の子のママ。サポーター活動をきっかけにKUMONを始めました。「今までは、宿題もプリントもイヤだイヤだと言っていたけれど、KUMONだけは楽しそうに取り組んでいます。集中力が身に付いて、理科や社会の勉強にまで役立っています」

“マイペース”(morisaki123さん)
中学1年生の男の子のママ。幼稚園年長からKUMONの英語をやっています。「学年が上がるごとにやりたいこともいっぱい増えて、休んだりしながら続けてきました。KUMONは一人ひとりに合ったペースで学べるのがいいですね」

“学ぶ力”(rauraneonさん)
小学2年生の男の子のママ。「実は数カ月前にKUMONをいったん退会していて。でもやめてから座って勉強する時間が少なくなり、成績も落ちてしまって、KUMONのすごさを実感! 来月からまた始める予定です」

来期のKUMONママサポータープロジェクトにも乞うご期待!

グループ内発表の後は、各グループごとに1名が指名され、前で発表することに。突然指名されても、堂々と発表するママたちの様子はさすがです!最後に、あらためて「KUMONの魅力」をハート型の画用紙に書きました。第二期ママサポーター活動の締めくくりとなりますので、記念の制作物となります!閉会時にはみんなで集合写真を撮影。充実した座談会の後で、みんなの笑顔がキラキラ輝いていました。これからも、KUMON先輩ママたちのリアルボイスを発信していくKUMONママサポータープロジェクトは続きます。第三期もぜひお楽しみに!

第二期KUMONママサポーターが感じる公文式の強みはこちら >>

なうで紹介