なうで紹介

座談会レポート

第二期KUMONママサポータープロジェクト第二回はママサポーター座談会

第三期KUMONママサポーター
最終座談会

KUMONとAmebaが行う「KUMONママサポータープロジェクト」。2015年9月に行われた第三期メンバーの座談会も最終回を迎えました。

日本古来のマジックにドキドキ!第三期KUMONママサポーターの最終座談会

KUMONとAmebaが行う「KUMONママサポータープロジェクト」。第三期メンバーの座談会も最終回を迎えました。今回は、江戸古典奇術、手妻(てづま)の継承者である藤山晃太郎さんの講演です。藤山さんの披露する鮮やかな芸に歓声をあげつつも、KUMONのOBでもある藤山さん自身の体験話に、ママサポーターたちも深く感じ入った様子でした。

鮮やかな芸にため息…講演は夢実現へのヒントがたくさん!

舞台に登場した藤山晃太郎さん。まずは伝統の手妻の技を披露してくれました。中にはママサポーターが参加する演目もあり、大興奮!「手妻は見立ての芸」と藤山さん。単にマジックの技を見せるだけではなく、舞台装置や衣装、音楽を使って世界観あるストーリーを表現する、いわば総合芸術です。その幻想的な世界に、みんなうっとりしていました。ショーの後は講演です。年長から高校3年まで公文学習を続けていた藤山さん。その中で培われた力が、夢を叶えるのに役立ったといいます。その3つの力とは…

①基礎力
高校受験のときの猛勉強で大きく成績アップした経験。
「長年の公文式で培った基礎力があったからこそ。やればできるという大きな自信につながりました」

②自習力
「大学受験で一浪したときも図書館で自習して、千葉大学にラクラク合格することができた。
子どものころから公文式で自習力を養っていたおかげです」

③チャレンジ精神
師匠・藤山新太郎さんにプロへの道に誘われた、人生の分岐点。ここで公文を通して得た「チャレンジ精神」が発揮されたといいます。

「どんなジャンルに進んだとしても、この3つの力が夢を叶える原動力になる。それが公文式で養えるのです」(藤山さん)

藤山さん教えて! KUMONに関するQ&A

続いては「Q&Aコーナー」。
ママサポーターからの質問に、藤山さんが答えてくれました。

Q1 KUMONに通っていたとき、倦怠期はありませんでしたか?
「ありました!でもなだめたり、すかしたりと、母からの上手なフォローがあったおかげで続けられました。また、3人兄弟の末っ子で、上2人とともに生活の中でKUMONが習慣になっていたのも挫折せずにすんだポイント」

Q2 藤山さんにとってのKUMONの魅力とは?
「習慣づけができるところ。生活の中で気負わずできる、やらないと落ち着かないようになるところが魅力ですね」

Q3 KUMONでついた力の中で、特にどの部分が夢に活かされたと思いますか?
「チャレンジ精神です。常に新しい刺激を受けながら、高いところに目標を置いて、それを自分でつかみ取る力。KUMONで培ったこの精神があったからこそ、現在のチャレンジにもつながっています」

Q4 ママさんたちに、夢についてのエールをください!
「子は親の背中を見て育つもの。今からでもいい、親も夢を持ってほしい!『一緒に頑張ろう!』と子どもと一緒に夢に挑戦してほしいですね」

今日の講演会や、サポーター活動の感想は?

「基礎力」毎日コツコツ続ける(morisaki123さん)
「藤山さんの現在の活動にとって、毎日続けて得た基礎力が基盤になっているように感じます。
テーブルのメンバーで共通していたのは“子どもを見守り、その夢に参加していきたい”という想いでした」

家族みんなでもっともっとチャレンジを!(luxe888さん)
「藤山さんの“親もチャレンジを”という言葉が心に響き、強く共感しました。
今日は教科の垣根を超えたKUMONの素晴らしさに気付けた座談会でした」

やめないこと─イヤな日や休む日があってもやめずに続ける!(mamenosuke1121さん)
「子どもがKUMONを嫌がる日もあるけど、1枚ずつでも、休み休みでも続けて行こうね、とテーブルのみんなで話し合いました」

夢にむかって何事にも挑戦しつづける!(lihito-1004さん)
「うちの子はまだ3歳と小さいけれど、子どもの夢を応援していきたいという想いを新たにしました。
そして親も夢を持つ大切さも教えてもらえました」

収穫いっぱい!第3期KUMONママサポーター活動の感想は?

sweet-tea-partyさん
「第1期から続けているサポーター活動の中でいろいろなお話を聞くうち、“KUMONを子育ての軸にしたい”と思うように。小学3年生の長男はもう小学校の算数は全部終え、ほかのお友だちにはない自信になっているようです。次男もその姿を見て『僕も』と思ってくれているみたい」

sayaka070602さん
「周りにKUMON経験者がいなくて、実際にやっている人のお話を聞いてみたいとサポーターに参加しました。サポーター活動でKUMONのイメージが一変!KUMON経験者やママたちのトークは説得力があって、とても参考になりました。無料体験にも行って、入会を検討中です」

ss-strawberryさん
「Baby Kumonがどういうものか知りたくてサポーター活動を開始。座談会でお話を聞いて“これはやらせてみたい!”と思い、無料体験へ。先日第1回の教室に行ってきました。今はまだ6ヶ月ですが、早い段階で学習習慣が身に付けばいいなと思っています」

なうで紹介